国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
訪問者別メニュー 受験生の方地域・一般の方企業・研究者の方在学生・卒業生学内向け
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札・公募
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 外科学講座 消化管外科学分野

 外科学講座消化管外科学分野は、昭和50年4月に開講した外科学第二講座が2007年に外科学講座消化器病態外科学分野への名称変更後、専門性を高める目的に2018年に再編され誕生した。
  医局員は当初、水戸教授以下5名でスタートし、その後旭川医科大学卒業生を主体に医局員は増加し、現在同門会員は150名、いわゆる医局員は70名となった。女性医局員も10名近く在籍し、外科医だけでなく結婚生活、子育てを両立させている。
 開設当初、関連病院が市内に数カ所あるのみであったが、現在は全国の多くの主要施設が関連病院となり、外科学講座の同門会員が行う年間手術件数は5,000件におよび各地域の医療に大きく貢献している。大学における手術件数も年々増加し、現在では年間650件を超える。大学では消化器外科医が修練しなければならない外科手術(食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌など主な消化器癌、胆石症、虫垂炎、ヘルニアなど良性疾患)を肝胆膵・移植外科学分野と協力して指導している。また、道内で唯一認定された施設(日本炎症性腸疾患協会)として炎症性腸疾患外科手術も指導している。救急医療に関しても道内外の著明な関連施設で専門医としての修練が可能である。
 現在、腹腔鏡手術は低侵襲手術として急速に広まっているが、当科関連施設が全国に先駆けて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った経緯もあり、早くから虫垂炎・胃癌・大腸癌などへも積極的に適応拡大を行ってきた。近年、腹腔鏡下手術の割合は急速に増加しており、さらなる低侵襲手術を目指した最先端の治療法の開発を目指している。
 近年の化学療法の進歩も目覚ましく、特に胃癌、大腸癌など従来、充分な効果が期待できなかった消化器癌に対してもその有効性はエビデンスを持って証明されつつある。われわれは関連病院との医療連携で化学療法を手術とならぶ大きな柱としてとらえており、年間100例以上の化学療法を行っている。旭川だけでなく北海道全域に及び、炎症性腸疾患患者においては道内にとどまらず、全国各地から紹介されている。また、当科では独自にクローン病の外科手術法(腸管吻合法)を開発し、その長期成績が極めて良好(5年再手術率0%)であったことから全国の多くの施設に紹介されている。臨床だけでなく教育・研究にも目を向け多くの成果が得られている。その成果として先述の手術法を開発する契機となった。
 医局には次世代を担う若手外科医の養成に燃えるベテラン外科医、ブラックジャックを彷彿させる外科医など多士済々な外科医が在籍し、高度な医療技術を提供出来るだけでなく信頼される医療人としての人格形成ができる講座を目指している。

 
教授挨拶
教育
独自ページリンク
教授挨拶
 

教 授 : 角 泰雄 (すみ やすお)

 2018年9月から、これまでの消化器病態外科学分野の専門性を高める目的で、消化管外科学分野と肝胆膵・移植外科学分野に再編されました。我々の消化管外科学分野は、食道から直腸・肛門までの消化管疾患(主に食道癌・胃癌・大腸癌などの消化管悪性疾患)を担当します。
 現在、消化管疾患に対する外科治療はテクノロジーの進歩に伴い、急激な進化を遂げつつあります。ほんの10年前までは開腹手術が中心であった消化管の悪性疾患に対する手術も、現在は腹腔鏡下手術が中心となってきています。さらに、2018年4月から診療報酬の改定に伴い食道癌・胃癌・直腸癌に対してda Vinci Surgical Systemを用いたロボット支援の保険収載が決まりました。テクノロジーの進歩に遅れることなく世界最先端の手術を実践していきたいと考えています。また、抗癌剤や分子標的薬の開発も日々進んでおり、これらを組み合わせて行う集学的治療により治療成績も目覚ましい向上をみせています。旭川を中心とする道北・道東におきましても世界に発信できるような最先端の治療を実践していく所存であります。
 また、旭川医大は道北・道東における地域医療の中核を担う基幹病院でもあります。昨今、日本では外科医の減少・偏在が問題となっています。地方においては、医師減少・偏在という問題はかなり深刻な問題として地域医療を圧迫していきます。旭川医大が中心となり、同地域の地域医療の充実を図るべく人材の育成にも力を注いでいきたいと思います。
 この消化管外科学分野は、若い医局員が中心となっており大変活気に満ちた医局です。北の大地、北海道から世界に通用する人材を育成し、さらに地域医療にも貢献できるように医局員一同頑張っていきたいと考えています。

 このページのトップへ
教育
 

医学科講義

 外科学講座(消化管外科学分野)

臓器別・系別講義V

外科と感染症 外科的感染症の基礎

臓器別・系別講義W

急性腹症1
急性腹症の診断と治療を学ぶ
肝疾患15 肝良性疾患の外科的治療を学ぶ
肝疾患16 原発性肝癌の外科的治療を学ぶ
肝疾患17 転移性肝癌の外科的治療を学ぶ
胆道疾患7 胆道良性疾患の外科的治療を学ぶ
胆道疾患9 胆道悪性疾患の外科的治療を学ぶ
胆道疾患8 「腹腔鏡下胆嚢摘出術」を学ぶ
腹壁・腹膜・腸間膜・大網・横隔膜疾患1 ソケイヘルニア・他のヘルニアを学ぶ
腹壁・腹膜・腸間膜・大網・横隔膜疾患2 後腹膜腫瘍・腹膜炎・他を学ぶ
胃・十二指腸の疾患5 胃・十二指腸良性疾患の外科的治療として消化性潰瘍他を学ぶ
胃・十二指腸の疾患9 胃・十二指腸悪性疾患の「手術適応」を学ぶ
胃・十二指腸の疾患10 胃・十二指腸悪性疾患の「手術」を学ぶ
胃・十二指腸の疾患11 胃・十二指腸悪性疾患の「術前・術後」を学ぶ
腸疾患10 痔の診断と治療を学ぶ
腸疾患7 炎症性腸疾患の外科的治療を学ぶ
腸疾患14 腸悪性疾患の「手術適応」と「手術」を学ぶ
腸疾患15 腸悪性疾患の「術前・術後」を学ぶ
腸疾患8 虫垂炎の診断と治療を学ぶ
腸疾患9 イレウスの診断と治療を学ぶ
急性腹症2 急性腹症の診断と治療を学ぶ
消化器治療学 消化器領域における漢方(KANPO)のEBM
肝疾患10、11 肝移植と人工肝臓を学ぶ
膵疾患10 膵内分泌腫瘍の診断と治療を学ぶ
膵疾患8 膵良性疾患の外科的治療を学ぶ
膵疾患9 膵悪性疾患の外科的治療を学ぶ

症候別・課題別講義

黄疸
黄疸を呈する症例の外科的治療を学ぶ
貧血 貧血の原因と輸血療法の適応について学ぶ
出血傾向 出血傾向の原因と輸血療法の適応について学ぶ
腹部膨隆(腹水を含む)腫瘤 腹部膨隆・腫瘤を呈する症例の外科的治療を学ぶ
吐血・嘔吐 吐血・嘔吐を呈する症例の外科的治療を学ぶ
下血・便秘・下痢 下血・便秘・下痢を呈する症例の外科的治療を学ぶ

看護学科講義

疾病論

他の消化器系の手術
肝臓癌を含む外科治療を学ぶ
腸の手術 腸の手術の術後管理と予後について学ぶ
胃の手術 胃の手術の術後管理と予後について学ぶ

卒後後期研修体制

当科の後期研修の目的は、初期臨床研修を終えた医師が、外科専門知識を学び、実際の臨床で経験を積み重ね、知識・技術・人格とも優秀な外科医師となるよう育成することです。それに伴い、外科学会専門医・各種サブスペシャリティーの専門医資格が取得できるよう、日本外科学会に認定された専門医修練施設や関連施設での研修ができるようプログラムを作成しています。当科のプログラムにおいて、外科学会、救急医学会、消化器外科学会、呼吸器外科学会、消化器病学会、大腸肛門病学会、乳癌学会、肝臓学会、消化器内視鏡学会の専門医資格の取得が可能です。また、臨床で疑問を感じた問題につき柔軟な発想で臨床医学研究ができるよう、初期研修終了後大学院に入学し卒後6年目で学位を取得することが可能です。しかし、初期研修を終えたばかりでは、充分な外科研修が困難なため大学院入学後少なくとも1年間の臨床研修を義務付けています。大学院以外の医師は、6年間の研究機関での研究歴の終了後に博士号が取得できるよう研究を指導しています。研修期間の卒後10年間で、臨床ならびに研究目的の国内外の留学も含め、自分の進むべき道を歩めるようフレキシビリティーを持って対応しています。

2年次研修について(案)

当科を将来専門としようとする場合の研修について、現在、以下のプログラムを予定しております。

消化器外科(消化管+肝胆膵)コース

消化管(肝胆膵)グループ 6ヶ月
肝胆膵(消化管)グループ 5ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、消化管と肝胆膵の両者を広く研修することを目的としたコース。
関連病院にて外科小手術、良性疾患手術を研修する。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科(消化管)コース

消化管グループ 8ヶ月
肝胆膵グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、消化管を中心に研修することを目的としたコース。
癌と炎症性腸疾患の両者を研修。
関連病院にて内視鏡、肛門疾患を研修できる。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科(肝胆膵)コース

肝胆膵グループ 8ヶ月
消化管グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、肝胆膵を中心に研修することを目的としたコース。
主に癌治療を研修。
関連病院にて超音波診断を研修できる。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科経験コース

消化管(肝胆膵)グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
消化器外科を短期間でも研修したいという希望を第一に研修。
期間は3ヶ月を最短期間として時期、期間に関しては要相談。
関連消化器内科医、麻酔科医、放射線科医などを希望する研修医にも広く対応します。

 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)