国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
訪問者別メニュー 受験生の方地域・一般の方企業・研究者の方在学生・卒業生学内向け
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入学案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札・公募
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 歴史・哲学

 当学科目の前身は、1973(昭和48)年の本学開学と同時に発足した学科目「歴史」です。初代教員は北海道地域史が専門の原田一典氏(故人)で、当初は助教授、1976(昭和51)年に教授、1994(平成6)年に定年退官により名誉教授となられました。氏の定年退官後しばらくは諸般の事情で「歴史」ポストは空席のままでしたが、1998(平成10)年、医学史・医療史を専攻する藤尾が二代目教授として着任しました。その後、2001(平成13)年に学科目「哲学」の岡田雅勝教授(専門は分析哲学・生命倫理など)が定年退官されて名誉教授になられると、教官定数削減などの事情で学科目「哲学」は廃止され、2003(平成15)年に学科目「歴史」が「歴史・哲学」と改称されて今日に至っています。
 当学科目は現在、教育面では、非常勤講師の支援も得ながら医学・看護学の両学科にわたって人文系の必修科目・選択科目を幅広く展開しています。目指すところはメディカル・ヒューマニティーズ教育の充実です。また、研究面では、「医学の父」「医聖」などと称される古代ギリシャの医師ヒポクラテスの本邦初の注釈つき完訳全集の翻訳メンバー、本邦初の『生命倫理事典』の編集委員を務めたほか、江戸時代の医学関係古文書(漢文)の解読に基づく論文などを発表してきました。
 医学関係古文書といえば、昨2012(平成24)年12月、鮫島夏樹名誉教授(元副学長・病院長)から本学図書館に、山脇東洋『蔵志』、杉田玄白ほか『解体新書』、華岡青洲『乳岩弁』、緒方洪庵『虎狼痢治準』などをはじめとする貴重書1400点余りが寄贈されました。これらの貴重な古文書群は、もともとは、明治・大正期に活躍された関場不二彦氏(号は理堂、北海道医師会初代会長)のコレクションであったことから、本学ではこれを「関場・鮫島文庫」と名づけました。本学では今後これらを、専門研究者のニーズに応えて閲覧に供するとともに、年に数回、企画展示を通して広く一般公開していく所存です。

 
教授挨拶
教育
研究
独自ページリンク
 
教授挨拶
 

教 授 :

 

 このページのトップへ
教育
 

 

研究
 
研究の柱は、
  1. 医学医療史……日本近現代医学医療史の諸問題
  2. 医療倫理……現代医療倫理の諸問題
  3. 医学史……江戸時代の医学関係古文書群の解読
  4. 医系文学……日本近現代医系文学
  5. 教養論……医療系大学における人文系教養教育のあり方
の5つです。
 このページのトップへ

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)