国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問い合わせ | ENGLISH |
     
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トピックス
物質運搬技術開発のお知らせ
平成28年04月14日 | 企業の方へ

プレスリリース(PDF)

 太陽光などを当てるだけで微小物体が水面上を移動し、目的の場所で中身を放出する技術を確立しました。
 旭川医科大学化学教室の眞山博幸准教授、大阪工業大学工学部応用化学科の藤井秀司准教授、中村吉伸教授とドイツのマックスプランク研究所のHans-Jurgen Butt教授のグループが固体粒子で覆った液滴(リキッドマーブル)と光を組み合わせた新発想の物質運搬技術を開発しました。太陽光発電のような電力変換のプロセスがなく、光を直接推進力に変える低コストで、環境にやさしい技術です。ドイツの科学誌「ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS」(電子版)に論文が掲載されました。

 プレスリリース(PDF)をご覧ください。

 本件に関するお問い合わせは、プレスリリースに書かれた各担当へお願いいたします。

 旭川医科大学総務部企画広報評価課

 このページのトップへ
 
 

| サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 


 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)