国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
     
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 外科学講座 消化器病態外科学分野

外科学講座 消化器病態外科学分野は昭和50年4月に外科学第二講座として開講し、2007年に名称変更となった。医局員は当初、水戸教授以下5名でスタートし、その後旭川医科大学卒業生を主体に医局員は増加し、現在同門会員は150名、いわゆる医局員は70名となった。女性医局員も10名近く在籍し、外科医だけでなく結婚生活、子育てを両立させている。
開設当初、関連病院が市内に数カ所あるのみであったが、現在は全国の多くの主要施設が関連病院となり、同門会員が行う年間手術件数は5000件におよび各地域の医療に大きく貢献している。大学における手術件数も年々増加し、現在では年間650件を越える。大学では消化器外科医が修練しなければならない外科手術(食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌など主な消化器癌、胆石症、虫垂炎、ヘルニアなど良性疾患)だけでなく道内で唯一、認定された施設(日本炎症性腸疾患協会)として炎症性腸疾患外科手術を指導している。消化器外科以外の外科手術として肺癌に関する関連施設も充実しており、北海道癌センターおよび道北病院の呼吸器外科は道内のみならず全国的にも肺癌治療のメッカとなっており、肺癌に関しても十分な診断治療能力を身につけることができる。また、乳癌、救急医療に関しても道内外の著明な関連施設で専門医としての修練が可能である。
現在、腹腔鏡手術は低侵襲手術として急速に広まっているが、当科関連施設が全国に先駆けて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った経緯もあり、早くから虫垂炎・胃癌・大腸癌などへも積極的に適応拡大を行ってきた。また、最近は肝癌・膵癌など実質臓器の腹腔鏡手術にも力を入れている。
近年の化学療法の進歩は目覚ましく、特に胃癌、大腸癌など従来、充分な効果が期待できなかった消化器癌に対してもその有効性はエビデンスを持って証明されつつある。われわれは関連病院との医療連携で化学療法を手術とならぶ大きな柱としてとらえており、年間100例以上の化学療法を行っている。紹介される患者様の地域も旭川だけでなく北海道全域に及び、炎症性腸疾患患者においては道内にとどまらず、全国各地から紹介されている。また、当科では独自にクローン病の外科手術法(腸管吻合法)を開発し、その長期成績が極めて良好(5年再手術率0%)であったことから全国の多くの施設に紹介されている。臨床だけでなく教育・研究にも目を向け多くの成果が得られている。その成果として先述の手術法を開発する契機となった。
医局には次世代を担う若手外科医の養成に燃えるベテラン外科医、ブラックジャックを彷彿させる外科医など多士済々な外科医が在籍し、高度な医療技術を提供出来るだけでなく信頼される医療人としての人格形成ができる講座を目指している。

 
教授挨拶
教育
研究
独自ページリンク
 
トピックス
 
トピックスはありません
教授挨拶
 

教 授 : 古川 博之 (ふるかわ ひろゆき)



 このページのトップへ
教育
 

医学科講義

2008年度 臓器別・系別講義V

外科と感染症 外科的感染症の基礎

2008年度 臓器別・系別講義W

急性腹症1
急性腹症の診断と治療を学ぶ
肝疾患15 肝良性疾患の外科的治療を学ぶ
肝疾患16 原発性肝癌の外科的治療を学ぶ
肝疾患17 転移性肝癌の外科的治療を学ぶ
胆道疾患7 胆道良性疾患の外科的治療を学ぶ
胆道疾患9 胆道悪性疾患の外科的治療を学ぶ
胆道疾患8 「腹腔鏡下胆嚢摘出術」を学ぶ
腹壁・腹膜・腸間膜・大網・横隔膜疾患1 ソケイヘルニア・他のヘルニアを学ぶ
腹壁・腹膜・腸間膜・大網・横隔膜疾患2 後腹膜腫瘍・腹膜炎・他を学ぶ
胃・十二指腸の疾患5 胃・十二指腸良性疾患の外科的治療として消化性潰瘍他を学ぶ
胃・十二指腸の疾患9 胃・十二指腸悪性疾患の「手術適応」を学ぶ
胃・十二指腸の疾患10 胃・十二指腸悪性疾患の「手術」を学ぶ
胃・十二指腸の疾患11 胃・十二指腸悪性疾患の「術前・術後」を学ぶ
腸疾患10 痔の診断と治療を学ぶ
腸疾患7 炎症性腸疾患の外科的治療を学ぶ
腸疾患14 腸悪性疾患の「手術適応」と「手術」を学ぶ
腸疾患15 腸悪性疾患の「術前・術後」を学ぶ
腸疾患8 虫垂炎の診断と治療を学ぶ
腸疾患9 イレウスの診断と治療を学ぶ
急性腹症2 急性腹症の診断と治療を学ぶ
消化器治療学 消化器領域における漢方(KANPO)のEBM
肝疾患10、11 肝移植と人工肝臓を学ぶ
膵疾患10 膵内分泌腫瘍の診断と治療を学ぶ
膵疾患8 膵良性疾患の外科的治療を学ぶ
膵疾患9 膵悪性疾患の外科的治療を学ぶ

2008年度 症候別・課題別講義

黄疸
黄疸を呈する症例の外科的治療を学ぶ
貧血 貧血の原因と輸血療法の適応について学ぶ
出血傾向 出血傾向の原因と輸血療法の適応について学ぶ
腹部膨隆(腹水を含む)腫瘤 腹部膨隆・腫瘤を呈する症例の外科的治療を学ぶ
吐血・嘔吐 吐血・嘔吐を呈する症例の外科的治療を学ぶ
下血・便秘・下痢 下血・便秘・下痢を呈する症例の外科的治療を学ぶ

看護学科講義

2008年度 疾病論

他の消化器系の手術
肝臓癌を含む外科治療を学ぶ
腸の手術 腸の手術の術後管理と予後について学ぶ
胃の手術 胃の手術の術後管理と予後について学ぶ

卒後後期研修体制

当科の後期研修の目的は、初期臨床研修を終えた医師が、外科専門知識を学び、実際の臨床で経験を積み重ね、知識・技術・人格とも優秀な外科医師となるよう育成することです。それに伴い、外科学会専門医・各種サブスペシャリティーの専門医資格が取得できるよう、日本外科学会に認定された専門医修練施設や関連施設での研修ができるようプログラムを作成しています。当科のプログラムにおいて、外科学会、救急医学会、消化器外科学会、呼吸器外科学会、消化器病学会、大腸肛門病学会、乳癌学会、肝臓学会、消化器内視鏡学会の専門医資格の取得が可能です。また、臨床で疑問を感じた問題につき柔軟な発想で臨床医学研究ができるよう、初期研修終了後大学院に入学し卒後6年目で学位を取得することが可能です。しかし、初期研修を終えたばかりでは、充分な外科研修が困難なため大学院入学後少なくとも1年間の臨床研修を義務付けています。大学院以外の医師は、6年間の研究機関での研究歴の終了後に博士号が取得できるよう研究を指導しています。研修期間の卒後10年間で、臨床ならびに研究目的の国内外の留学も含め、自分の進むべき道を歩めるようフレキシビリティーを持って対応しています。

2年次研修について(案)

当科を将来専門としようとする場合の研修について、現在、以下のプログラムを予定しております。

消化器外科(消化管+肝胆膵)コース

消化管(肝胆膵)グループ 6ヶ月
肝胆膵(消化管)グループ 5ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、消化管と肝胆膵の両者を広く研修することを目的としたコース。
関連病院にて外科小手術、良性疾患手術を研修する。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科(消化管)コース

消化管グループ 8ヶ月
肝胆膵グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、消化管を中心に研修することを目的としたコース。
癌と炎症性腸疾患の両者を研修。
関連病院にて内視鏡、肛門疾患を研修できる。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科(肝胆膵)コース

肝胆膵グループ 8ヶ月
消化管グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
外科専門医取得を第一に、肝胆膵を中心に研修することを目的としたコース。
主に癌治療を研修。
関連病院にて超音波診断を研修できる。
全国学会にて発表、海外の学会に参加する機会がある。

消化器外科経験コース

消化管(肝胆膵)グループ 3ヶ月
地域医療研修 1ヶ月

特記事項
消化器外科を短期間でも研修したいという希望を第一に研修。
期間は3ヶ月を最短期間として時期、期間に関しては要相談。
関連消化器内科医、麻酔科医、放射線科医などを希望する研修医にも広く対応します。

 このページのトップへ
研究
 

主な発表論文

Cells of origin innervating the liver and their axonal projections with synaptic terminals into the liver parenchyma in rats 北海道医学雑誌 62(6) 933-946 1987
(肝臓に対する延髄迷走神経背側核からの副交感神経系の求心路および遠心路の神経支配について生理学的、解剖学的に解析、神経伝達路追跡物質を応用して神経核における遠心性と求心性神経細胞の割合を推定する方法を見いだし報告)

Double immunohistochemical detection of transmitter phenotype of proliferating cells using bromodeoxyuridine  Neurosci. Lett.  132(1) 113-116 1991
(黒質線条体に関与する神経細胞における細胞増殖と神経伝達物質の合成時期を検索する手段として、抗BrdU抗体を用いた神経伝達物質抗体との二重免疫染色法の開発について報告)

Cord dorsum potentials suppressed by low power laser irradiation upon a peripheral nerve in cat J. Clin. Laser Med Surg. (Present: Photomedicine and Laser Surgery) 11(3) 115-118 1993
(臨床応用されている低出力ヘリウムネオンレーザー照射による除痛効果の作用機序解明を目的として、ネコの脊髄背側角の感覚神経関連電位を特異的に可逆的に抑制することを明らかにした)

Dopamine depletion in nigrostriatal neurons in the genetically diabetic rat Brain Res. 634(1) 155-158 1994
(自然発症型の小児発症型糖尿病モデルラットにおいて黒質ドーパミン細胞数が非発症ラットに比して有意に減少していることを明らかにし、小児発症型糖尿病における神経系への影響が中枢神経系にも及んでいることを報告)

Effects of low power laser irradiation on multiple unit discharges induced by noxious stimuli in the anesthetized rabbit  J. Clin. Laser Med Surg. (Present: Photomedicine and Laser Surgery) 12(4) 221-224 1994
(臨床応用されている低出力ヘリウムネオンレーザー照射による除痛効果の作用機序解明を目的として、ウサギの皮膚への痛み刺激による感覚性末梢神経における神経発射活動の増強を可逆的に抑制することを電気生理学的に明らかにした)

Effect of low-power laser irradiation on impulse conduction in anesthetized rabbits J. Clin. Laser Med Surg. (Present: Photomedicine and Laser Surgery) 14(3) 107-113 1996
(臨床応用されている低出力ヘリウムネオンレーザー照射による除痛効果の作用機序解明を目的として、ウサギの感覚性末梢神経における神経伝達速度を可逆的に抑制することを電気生理学的に明らかにし報告)

Effect of low-power laser irradiation on procollagen synthesis in human fibrobasts  J. Clin. Laser Med Surg. (Present: Photomedicine and Laser Surgery) 14(3) 129-132 1996
(臨床応用されている低出力ヘリウムネオンレーザー照射による創傷治癒促進効果の作用機序の解明を目的として、ヒト繊維芽細胞のプロコラーゲン産生能を増強させることを培養細胞系で明らかにし報告)

Central thyrotropin releasing hormone stimulates hepatic DNA synthesis in rats Hepatology 26(5) 1203-1208 1997
(内分泌ホルモンとして視床下部で同定されたTRHは肝臓の迷走神経支配核である延髄迷走神経背側核に神経伝達物質として働き、ムスカリン受容体およびプロスタグランディン合成を介して肝増殖を刺激したことを報告)

Pelvic nerve grafts restore bladder function in denervated rats Surgery 123(6) 672-678 1998
(進行直腸癌など骨盤臓器の進行癌において残存する骨盤内臓器の機能温存と手術の根治性を共有することを目的に、骨盤神経自家移植による膀胱機能の維持回復に関する基礎的実験を行った結果、ラットにおいて自律神経移植によって実際、膀胱仙髄間の神経路が移植神経を介して再建され、機能が回復したことを報告)

Neuropeptide Y stimulates bile secretion via Y1 receptor in the left dorsal vagal complex in rats Hepatology 28(3) 670-676 1998
(中枢性神経ペプチドであるNPYによる脳槽内および肝臓支配核である延髄迷走神経背側核への投与によって肝臓内における胆汁分泌促進効果が認められ、その効果は迷走神経肝臓枝を介する効果であることを報告)

Nitric oxide release from the liver surface to the intra-abdominal cavity during acute endotoxemia in rats Nitric Oxide: Biology and Chemistry 2(6) 481-488 1998
(敗血症時に肝臓において一過性に誘導型NO合成酵素からNO産生が大量に起こり肝臓内に充満し、その一部が肝表面から腹腔内へ湧出していることを明らかにし、経時的な肝表面湧出NO、腹腔内NO測定法を開発、報告)

Role of calcitonin gene-related pepide and capsaicin-sensitive afferents in central thyrotropin-releasing hormone-induced hepatic hyperemia Eur J Pharmacol. 380(1) 31-35 1999
(中枢神経系ペプチドであるTRHによる中枢神経系を介する肝血流増加作用の作用機序においてCGRPおよびカプサイシン感受性神経系を介していることを明らかにし報告)

The cytoprotective role of lipopolysaccharide-induced nitric oxide against liver damage during early phase of endotoxemia in rats Shock 14(2) 229-233 2000
(肝障害を引き起こさない濃度のLPS微量投与でも、誘導型NO合成酵素によるNO産生が肝臓内で一過性に起こり、このNO産生を阻害することで肝障害が発生することを明らかにし、さらに、LPS大量投与後早期のNO産生を阻害すると肝障害が増悪することから、LPS投与早期のNO産生は肝細胞保護作用があることを明らかにし報告)

Development and Characterization of 1C6-203, a New Monoclonal Antibody Specific to the Human Thymidine Phosphorylase J Histochem Cytochem  49(1) 131-138 2001
(5FU系抗癌剤前駆物質の変換酵素であり、強力な血管増生因子でもあるヒトThymidine Phosphorylaseに対する新しいモノクロナール抗体を作成し、手術材料、特に大腸癌組織においてその適応性と優位点について旧抗体と比較検討し報告した。現在大腸癌化学療法の一つであるカペシタビンの有効性を基礎的にサポートしたもので欧米の大規模臨床試験の引用文献になっている)

Effect of ecabet sodium enema on mild to moderate active ulcerative proctosigmoiditis: An open study Am J Gastroenterol. 96(3) 793-797 2001
(胃粘膜防御・修復因子増強剤であるエカベトソディウムを潰瘍性大腸炎患者で、難治性の直腸・S状結腸炎、潰瘍に対し注腸投与することで著明な改善が認められ、腸の非特異的炎症性疾患に対する新たな治療方法として報告した。この論文を引用し欧州炎症性腸疾患治療指針2008年に新たな潰瘍性大腸炎治療法として紹介されている)

Effect of central urocortin on carbon tetrachloride-induced acute liver injury Neuroscience Letters 313 149-152 2001
(脳内ペプタイドであるウロコルチンを四塩化炭素急性肝障害モデルの脳内に投与すると肝障害が抑制されることを報告)

Adaptive cytoprotection against acetic acid-induced colonic injury in rats Int J Colorectal Dis 16(6) 384-390 2001
(酢酸腸炎モデルにて世界で初めて大腸に胃と同様なプロスタグランジンを介するアダプティブサイトプロテクションが存在することを報告)

Protective effect of pretreatment with low-dose lipopolysaccharide on D-galactosamine-induced acute liver failure Int J Colorectal Dis 17(2) 98-103 2002
(肝障害を引き起こさない濃度のLPS微量投与で誘導型NO合成酵素によるNO産生が肝臓内で起こり、ガラクトサミン肝障害を抑制することを報告)

Inhibitory effects of hyperglycemia on neural activity of vagus in rats. Intensive Care Medicine 29 309-311 2003
(血中グルコースの変動に応じて腸管運動を制御する中枢神経活動が変動することを報告)

Central injection of a novel corticotropin-releasing factor antagonist, astressin, inhibits carbon tetrachloride induced acute liver injury in rats. Eur J Pharmacol. 460(2-3)  135-138 2003
(コルチコトロピン放出因子に対する新たな拮抗物質であるアストレッシンを脳内投与すると四塩化炭素急性肝障害モデルの肝障害を抑制することを報告)

Acetic acid-derived prostaglandin-dependent colonic adaptive cytoprotection is preserved in chronic colitis: role of cyclo-oxygenase Int J Colorectal Dis 18(3) 260-266 2003
(我々が初めて報告した大腸のプロスタグランジンを介するアダプティブサイトプロテクションがクローン病ラットモデルでも存在し、COX1,2それぞれに役割があることを報告)

Involvement of calcitonin gene-related peptide and capsaicin-sensitive afferents in central thyrotropin-releasing hormone-induced hepatic cytoprotection Eur J Pharmacol.  478(2-3) 173-177 2003
(タイロトロピン放出ホルモンによる肝細胞保護効果はCGRP及び求心性カプサイシン感受性神経が関与していることを報告)

Thyrotropin-releasing hormone in the dorsal vagal complex stimulates hepatic blood flow in rats Hepatology  38 1500-1507 2003
(延髄迷走神経背側核におけるタイロトロピン放出ホルモンは肝血流を特異的に増加させることを報告)

The roles of intestinal Paneth cells and their antimicrobial peptides in innate host defense Trends in Microbiology 12(8) 394-398 2004
(小腸パネート細胞とその抗菌ペプチドによる自然免疫への関与を総説的に報告)

Direct evidence that induced nitric oxide in hepatocytes prevents liver damage during lipopolysaccharide tolerance in rats. J Surg Res 118(2) 183-189 2004
(肝障害を引き起こさない濃度のLPS微量投与で誘導型NO合成酵素によるNO産生が肝細胞特異的に起こり、さらに敗血症モデルにおいてNOを介するアダプティブサイトプロテクションが存在することを報告)

Impaired nitric oxide production of the myenteric plexus in colitis detected by a new bio-imaging system J Surg Res 117(2) 329-338 2004
(我々が開発したDAF法を用い潰瘍性大腸炎モデルにおいてアウエルバッハ神経叢におけるNO産生神経細胞が特異的に減少していることを報告)

Effect of central corticotropin-releasing factor on hepatic circulation in rats: a role of CRF2 receptor in the brain Gut 54(2) 282-288 2005
(脳内コルチコトロピン放出因子投与による肝臓の血流改善に関して脳内のコルチコトロピン放出因子受容体2の役割について報告)

Phase II study of irinotecan, leucovorin, 5-fluorouracil, and tegafur/uracil for metastatic colorectal cancer (MCRC) J Chemotherpy 17(2) 224-227 2005
(進行大腸癌の抗がん剤治療において低用量三者併用療法を開発しその臨床成績(第2相試験)を報告)

Sustained transgene expression in rat kidney using naked plasmid DNA and PCR-amplified DNA fragments J Biochemistry 137(3) 373-380 2005
(ラットの腎臓に我々が開発した遺伝子導入法で遺伝子導入可能か検証)

Central thyrotropin-releasing hormone increases hepatic cyclic AMP through vagal-cholinergic and prostaglandin-dependent pathways in rats Peptides 26(9) 1573-1579 2005
(内分泌ホルモンとして視床下部で同定されたTRHが肝臓のcAMPとプロスタグランディンを介して制御されていることを報告)

Thyrotropin-releasing hormone in the dorsal vagal complex stimulates pancreatic blood flow in rats Regul Pept 131(1-3) 74-81 2005
(内分泌ホルモンとして視床下部で同定されたTRHが延髄迷走神経背側核を介して膵臓の臓器血流を増加させることを報告)

Denaturated human defensin attenuates the bactericidal activity and the stability against enzymatic digestion. Biochemical and Biophisycal Research Communications  358 349-355 2007
(腸管自然免疫の主役であるディフェンシンに関してクローン病のPaneth細胞では、分泌されたproHD-5が蛋白分解酵素で破壊され十分な機能を有していないことが示唆された。HD-5の構造異常が、クローン病の抗菌活性低下の一因であることを報告)

Role of α2-adrenoceptors in enhancement of antinociceptive effect in diabetic mice Eur. J. Pharmacol. 592 62-66 2008
(ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおいてα2-adrenoceptorsが脊髄で増加していていることが糖尿病性神経痛に病因論的に関与していることを報告)

Effectiveness of leukocytapheresis in suppressing the occurrence of surgical site infections following surgery for ulcerative colitis. Surg Today. 38(7) 609-617 2008
(潰瘍性大腸炎術後の創部感染症(SSI)の発生予防に白血球除去療法が有効であることを全国IBD専門多施設で検討し報告)

Naked Plasmid DNA-Based a-Galactosidase A Gene Transfer Partially Reduces Systemic Accumulation of Globotriaosylceramide in Fabry Mice Gen Nakamura1 Mol. Biotechnol. 38(2) 109-119 2008
(Fabry病動物モデルにおいてGalactosidase A遺伝子をプラスミッドを使用して遺伝子導入することで効果が得られることを報告)

Sonic hedgehog derived from human pancreatic cancer cells augments angiogenic function of endothelial progenitor cells.  Cancer Sci.  99(6) 1131-1138 2008
(Sonic Hedgehogは膵癌癌細胞から分泌され、その作用は血管増生であり、新たな抗癌治療の分子標的となる可能性について報告)

Functional role of metaplastic Paneth cell defensins in Helicobactor pylori-infected stomach Helicobacter 13(5) 370-379 2008
(ヘリコバクター感染胃における腸上皮化生がおこっている部位においてパネート細胞が出現し、ディフェンシンを分泌することでヘリコバクター感染を抑制する可能性について報告)

Estimation and characterisation of major toyal jelly proteins obtained from the honeybee Apis merifera Food Chemistry 114 1491-1497 2008
(産学連携共同研究成果としてローヤルゼリーの有効成分を世界で初めて同定・定量化に成功したが、その根拠となる基礎的研究成果を報告した。現在、ローヤルゼリー品質評価基準の新基準として評価されている。)

Colonic Vascular Conductance Increased by Daikenchuto via Calcitonin Gene-Related Peptide and Receptor-Activity Modifying Protein 1. J Surg Res. 150(1) 78-84 2008
(漢方薬、大建中湯が大腸の血流を増加させる機序として山椒と人参が重要な生薬であり、血管拡張作用のある神経ペプチドCGRPおよびその受容体を増加させる機序を報告)

Preventive effect of Goshajinkigan on peripheral neurotoxicity of FOLFOX therapy: A placebo-controlled double blind randomized Phase II study (The GONE Study) Japanese Journal of Clinical Oncology (2009, in press)
(大腸癌化学療法であるオキサリプラチンによる神経毒性に対する牛車腎気丸の抑制効果に関する多施設二重盲検プラセーボコントロール試験のプロトコール論文)

Exodus of Kampo, traditional Japanese medicine, from the Complementary and Alternative Medicine-Is it time yet Surgery (2009, in press)
(日本独自の医療である漢方に対する科学的エビデンスのある機序解明が進み、漢方は代替・補完医療の範疇から脱出すべきではないかという提言を行った総説である)

Portal annular pancreas, a newly identified pancreatic malformation:frequency, morphological classification, and implications for pancreatic surgery Surgery(2009,in press)
(膵頭部の先天的異常による体尾部切除における合併症の発生の可能性について報告した。)

このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)