国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
訪問者別メニュー 受験生の方地域・一般の方企業・研究者の方在学生・卒業生学内向け
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札・公募
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 生理学 神経機能分野
 様々な分子が集合して細胞が形成され、様々な機能をもった細胞が集合して器官が形成され、様々な器官が集まると体が形成されます。ただし、集まるだけでは、生命はやどりません。生きるということは、驚くほど巧妙に個々の細胞や器官が連携して活動している状態に他なりません。我々は、実に巧みな人体の制御機構を、感覚・神経系を対象として講義・実習・研究で伝えることを目標としています。

 生きるということは、内外の様々な情報を各種感覚器官で取得し、脳で情報を処理して、行動に移すことです。我々は、嗅覚器および味覚器などの感覚器における情報の受容からその情報処理の機構に焦点をあてて、研究を続けています。また、情報の出力制御機構も病態と関連づけて研究の対象としております。

 本講座は、生理学第二講座として森茂美教授のもとで発足し、坂本尚教授に引き継がれました。2003年12月より、柏柳が北海道大学より着任し、現在は、生理学講座神経機能分野として活動しています。本学での年月を重ねるとともに少しずつ医学生が研究室で過ごしてくれるようになったことを励みとして、教育・研究を続けています。

 
教授挨拶
教育
研究
スタッフ
独自ページリンク
 
トピックス
 
トピックスはありません
教授挨拶
 

教 授 :

 

 このページのトップへ
教育
 

(大学院担当科目については博士課程HPを参照)

医学科講義

  • 第2学年「総合科目・機能形態基礎医学I」の中の「人体生理学」のうち、
    「感覚」および「脳神経」   計25コマ
  • 第2学年「基礎医学特論」   1コマ
  • 第3学年「医学英語IV-A」  30コマ
  • 第3学年「選択必修コース」  30コマ
  • 第3および第4学年「選択必修コース・講義」  2コマ
  • 第4学年「医学研究特論」  90コマ
  • 第4学年「医学英語IV-B」  30コマ

医学科実習

  • 第3学年「基礎医学実習II」(人体生理学実習)のうち4テーマ
    「脳波」、「神経伝導」、「心電図・心エコー」、「循環調節」  計90コマ

看護科実習

  • 第1学年「人体観察実習」のうち「脳波」
 このページのトップへ
研究
 

主な研究テーマ

  1. 嗅覚系に発現するTRPチャネルの生理機能
  2. 尿中生理活性物質および匂い物質の嗅覚系における受容・脳内処理・作用機構
  3. 抗ガン剤による感覚異常
 このページのトップへ
スタッフ
 

令和元年8月1日現在

講師 野口 智弘
助教 宮園 貞治
事務補助員 渡辺 千寿子
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)